2010年01月24日

伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)

 「猫を背負ったように暖かい」−。長野県庁では、一部の職員が南木曽町に伝わる防寒着「ねこ」を着用して仕事に臨んでいる。はんてんに似ているが、前身ごろと袖がなく、作業の邪魔にならないのが特徴だ。最近では、上着の下にも着用できる薄手のねこも登場。町伝統のウォームビズは、庁舎内にじわじわ浸透している。
 南木曽町は県の南西部に位置し、古くから林業が盛ん。農閑期にはひのき笠やろくろ細工などの工芸品が作られるが、いろり端で作業する際に背中が寒くならないよう、ねこが使われてきた。名前の由来は「ねんねこばんてん」から取ったとされる説や、「猫のように温かいから」など諸説ある。同町の役場でも、半数以上の職員がねこを着用しているという。
 同町のねこは昨秋、町の特産品として売り出そうと、地元住民らが「なぎそねこ」としてブランド化した。伝統的な形状を守り、町民が手作りしたねこにオリジナルのタグを付け、品質を保証している。タグには、かわいらしい猫のシルエットもプリント。ブランド化には、県の「元気づくり支援金」を活用した。
 冬場は室温を19度に設定している長野県庁。同町出身の職員は「ねこがあれば、寒い日でも暖かさを感じられる」と自信たっぷり。別の観光部職員は「コピーなどで課外に出るときも、ねこを着ていく。行く先々で『それは何? 』と話題になるよ」と話す。
 ねこは、大きさや使用する生地にもよるが、1着3500円程度。薄手のタイプは2500円ほどという。問い合わせは南木曽町役場商工観光係、電話0264(57)2001。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕清張の映像を記念館外で上映-東京
〔地域の情報〕知事とスザンヌが熊本の食材をPR
〔地域の情報〕10の温泉街が心をこめておもてなし=北海道
〔地域の情報〕五輪代表の小塚選手ら表敬=愛知県豊田市
〔地域の情報〕白虎前に鳥居設置、開運祈願=福島

大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
志位・市田体制を継続=共産(時事通信)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
posted by k8ni1fas62 at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。